週刊誌みたいな広告

週刊誌みたいな広告

スピードラーニング広告@2014年1月28日 朝日新聞

『スピードラーニング』には英語の達人がいるらしい。「英語の達人があなたが英語を話せるまでお手伝いします」とあって、さらには、ネイティブ・バイリンガルスタッフ、と書いてある。

英語教材の制作に、エリート講師をお招きして監修・・・というのはよくあるが、スピードラーニングは、月に2回の英語チェック(電話か)で英語の達人と会話ができる。

先生と英語を話すのは緊張するけど、そういう雰囲気じゃないみたいでおもしろそう。

ホームページや他サイトでの口コミを見ると、電話の英語サービスについて、良い評価ばかりで驚き。

かなり効果が現れているようです。