英語の緊急事態

英語の緊急事態

スピードラーニング広告@2014年2月23日 宮崎日日

英語が必要に迫られたときが緊急事態。

アメリカに住んでる女性がスピードラーニングで命びろいした(そこまでは言っていないが)という話。
・・・いいな、アメリカ生活、なんてね。

スピードラーニングは、本番で効果を発揮する教材のようです。
人が倒れて救急車をよぶ、
急にもよおしておトイレを借りる、
迷子になって道を聞く、
そんな一刻を争う事態で英語が口から飛び出すという。

では、日本であり得る英語の緊急事態といえば?
迷子の外国人から道を聞かれてしまった!
職場で電話をとったら英語だった!
デート中に英語を頼られた! ・・・そんなとき!!

結果を出せるのが「スピードラーニング」なのですね。