英語について、親友への嘆願

英語について、親友への嘆願

スピードラーニング広告@2013年8月15日 日経新聞

英会話スクールに通っては辞め、また懲りずに通っては辞めることを、繰り返している筆者の友人。

その結果、いまだに英語を話せないことにシビレを切らして「いいかげんに『スピードラーニング』の聞き流しを始めなさいよ」と、言っています。

新聞という公共性の高い場を借りて、ずいぶんと私的なお願いをしています(広告なので別にいいですが)。

きっと、ご友人は外国人と向かい合うことに優越感を感じていらっしゃるのでしょう。

スクール中毒なのですね。

ところで、このお写真、、、「昭和っぽいね」と年配者に評判がいいですよ。