英語はムリ!英会話なんてむいてない!なんて、諦めている人へ

英語はムリ!英会話なんてむいてない!なんて、諦めている人へ

スピードラーニング広告@2018年8月11日 日本農業新聞

学生のころ、ずっと英語を学習していたのに…、受験期に徹底的に勉強したのに…、全く話せない。あんなに時間をかけて英会話をがんばったのに、ネイティブには全く通じない…。

だから、私には英語はムリ、そもそも向いてなかったんだって、英語を諦めている人は結構多いのでは。

または、英会話を習得するために買った教材は数しれず。だけど、途中でいやになり、または忙しくなって教材を開かなくなり、最後にはそんな教材を買ったことすら忘れてしまう…。

こんなパターンもありますね。

この広告にも、英語の素質がないと落ち込み、諦めていた方が紹介されています。

ただ、この方は、定年退職後にスピードラーニングに出会います。

そして、わずか8ヶ月で英語が話せるようになったというのです。

なんでも、スピードラーニングは音楽のように聞けばいいと知って、「これなら続けられるかも」と決意します。

そう、何かを習得したいのなら、続けることが大事。

ずっと聞いていても飽きない、気楽にできる教材っていうのが、もしかしたら一番大切なのかもしれません。

スピードラーニングは、「英語の後に日本語が流れる教材」など、続けやすい工夫がたくさん。

その効果も、「リスニング力が上がった人が90.6%」と折り紙つきです。

「あなたが英語を話せるまでサポートします」なんて、心強い言葉通り、電話をかければ、いろいろとアドバイスを受けられる。

しかも、無料で外国人と英語を話せるサービスまである。

このように、スピードラーニングは受講すると、CD教材だけでなく、しっかりしたサポートがついてくる。だから、挫折なく、英会話ができるようになっていくんです。

あきらめていたことができるようになるって、うれしいですよね。

思い切って受講したら、何かが変わるかもしれません。