英語の学習方法を思い切って変えてみる

英語の学習方法を思い切って変えてみる

スピードラーニング広告@2018年8月11日 埼玉新聞

社会人になると、とにかく忙しい。

英語を学習したいと思っても、学校に通う時間も、教材を広げて勉強する時間もありません。

これでは、永遠に英語なんて、できるようになるわけがない…なんて諦めることはありません。

だったら、英語を学ぶ時間を作らなければいいんです。

かの二宮尊徳は、まきを背負いながら本を読んでいました。生活のスタイルはそのままに、「ながら学習」をしていたのですね。

私たちも、二宮尊徳をまねして、ライフスタイルを変えずに英語を学習しましょう。スピードラーニングを使えば簡単です。

通勤中、食事中、入浴中…体は動いているのに、耳が空いている時間はたくさんあります。その時間に、BGMのようにスピードラーニングを流すのです。

スピードラーニングなら、ネイティブが使うキレイな英語がそのまま入っているから安心だし、「ながら学習」しやすい工夫がたくさん!

しかも、ストーリー仕立ての会話が丸ごと入っているから、聞いていて楽しい⇒楽しいからたくさん聞きたくなる⇒たくさん聞くから身につくと好循環が起こります。

結果、いつの間にか英語が聞き取れる、話せるようになっているというワケ。

教材はCDと専用アプリで聞くものと選べるし、英語を話す練習ができる専用アプリもある。

二宮尊徳さんも、スピードラーニングがあったら、絶対に使っていたと思います。

広告の中にある「3分ほど英語だけのパートを20回ほど聞いてみてください。不思議なことに気づきます」は、ぜひ、体験したいもの。

やった人にしかわからないことって、ホント、あるんですね。

とりあえず無料の視聴用CDを使ってお試しあれ。

つまり、英語を学習するために、わざわざ教材を机の上に広げたり、時間をとる必要がないみたいなんです。

今までの生活をそのまま続けながら、英語のCD教材を流していくだけ。
確かにこれなら、英語を学習する時間を作る必要がありません。

英語の

しかも、スピードラーニングなら、キレイで上品で、現在使われている生きた英語だから、ネイティブにそのまま通じる